歯科治療で歯を綺麗に保つ|歯っきりくっきり歯ぐき

healthy teeth

注意すること

メンテナンスが主流に

beauty teeth

歯科医院などを拠点として在宅診療も行われてくるのではないか、ともいわれています。その変化に応じた、新しい歯科治療に対応できる歯科器械や歯科材料の開発も進められているのです。 現在、口腔衛生の意識が高まり、予防を積極的に行う取り組みが強化されている流れにある、といわれています。そのため今後、歯科医院において、歯を定期的にメンテナンス行う人が増えてくるという予想もされています。 予防歯科では、虫歯や歯肉炎、さらに歯周病を予防することを目的としています。そのように、今後、口のトラブルを未然に防ぐということに、注目される傾向になりつつあります。

歯磨き

歯科で行うクリーニングのようにはいかなくても、自宅において自分でできる歯磨きで、歯の健康を維持することも大切です。 歯肉炎は、歯垢が原因で歯と歯茎の境目が赤く腫れてしまい、歯肉炎は子どもから大人まで、発症します。その歯肉炎は、歯磨きの時などに歯茎から出血しますが、放置していると歯肉炎から歯周病へと進行してしまう可能性があります。 その、歯肉炎を発症しないためにも、歯磨きは重要なのです。歯ブラシは、表面のエナメル質や歯茎を傷つけないように、柔らかいものを選ぶことが良いとされています。歯ブラシの交換時期としては、一般的に1ヶ月に1回といわれていますが、消耗度によっても違ってくるので注意します。 毎日行っている歯磨きですが、その歯磨きが本当に歯肉炎や歯周病の予防に役立っているのかを、歯科医院などで確認しておくと安心です。