歯科治療で歯を綺麗に保つ|歯っきりくっきり歯ぐき

healthy teeth

歯に関する注意点

歯科へ通院するため。

beauty teeth

虫歯ができたり、親知らずが痛かったり、歯茎から血が出たりすると歯科に通いますよね。 口の中をみてもらうので、行く前は歯磨きをしていくのがエチケットです。 食べ物がつまっていたりすると、治療できなくなります。 歯科でもうがいはしますが、歯にはさまったものはとれないので歯磨きでおとしてから行きましょう。 また妊娠している場合もきちんと歯医者さんに伝えましょう。 親知らずなどを抜いたり、治療に麻酔を使うことが妊婦さんにはできません。 虫歯の治療のときも使うことがあるかもしれません。 気をつけてください。 歯科に行く前日からあまり刺激的な食べ物をさけたり、歯磨きは優しくゆっくりとしましょう。 治療のときにしみたり痛みがでたりします。

通院はこまめに行きましょう。

歯科へ通院する場合は間をあけずに治療にいきましょう。 痛みも少なく、早く治ります。 間をあけているとその間に虫歯が進行したり、痛みが増したりします。 1度治療してマシになったからといって通院を勝手にやめるのはダメです。 歯医者さんが治りましたというまではきっちり通いましょう。 虫歯や歯茎から血がでる人は口の中が弱い人です。 歯はいろいろなものとつながっています。 栄養のあるものをバランスをよくすることで口内炎ができなくなったり、歯茎からの血も止まります。 またしっかり硬いものを食べましょう。 歯茎や歯が弱い人は顎が弱っています。 しっかりと使い顎を使うことで口の中が強くなります。 日頃の日常生活がでてくるので気をつけてください。